お金の鉄則

お金は生きていく上で非常に大切なものです。日本ではそういったことから銀行に預ける方が多かったのですが、不況や将来への不安からでしょうか、株式や不動産、FXといった投資に資金をまわす方が増えてきています。

金融自由化によって、個人が投資に参加しやすいといった環境が整った事も大きな投資ブームの手助けをしているのでしょう。

しかし、外国為替証拠金取引や株、先物取引といったものは元本が保障されているわけではないので、大事な資金ではなく失っても生活に影響の無い余剰資金で行うのが鉄則です。